Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国

日本で前代未聞の大災害が起こってしまい、海外にいながらもとても心配な毎日を送っています。何を書いてよいのかわからず、呆然としていたらかなり間隔が空いてしまった。このままだと何も書かなくなりそうなので、ブログ更新。

今回の地震では海外の人々がみんな心配してます。「日本大丈夫か?家族大丈夫か?友達大丈夫か?」と、200回くらい聞かれたと思います。アメリカにいたときの師匠や友達からも速攻メールが来て、「とても心を痛めている」とメッセージをたくさんもらいました。自分も不安で仕方がなく、5分おきにニュースをチェックしてました。最近は30分おきくらいに減ったかな?日本への募金活動もこの国では相当活発に行われてます。いろんなところに募金箱が設置されてます。

これまでの人生の中で一番ニュースをチェックしたと思います。いろんなニュースをチェックして感じたこと。イギリスのニュースは、早くて情報量も多い(多分)。アメリカのニュースよりなんとなく正確な感じがして、分かりやすい。BBCもいいけど、Guardianというところもかなり良い感じです。又聞きでよくわかってないけど、なんかアメリカは今回の地震の対応で日本人の素晴らしさを絶賛してたけど、ある時点からやたらネガティブなことばかり強調されるようになっちゃったとか。でもGuardianというところは、最初からかなり冷静に、福島原発の構造はまずい!とか、いい面も悪い面もまんべんなく報道していた印象があります。

今回東南アジアに移住してから、僕の大好きなバンドGranite Houseの「第2の太陽」という大作(16分!)を1000回くらい聴いたと思います。なぜかはまってしまったのです。名前の通り原爆の歌なのですが、すごい重い歌です。それと、仕事の関係上、学生たちにチェルノブイリのことを何回か教えなきゃいけませんでした。そんななか、今の日本は平和でよかったな、と思っていた矢先にこの地震。それで、この原発の事故。かなりのショックです。

こっちででは、チェルノブイリの「もろ」被害者にも会いました。原発が爆発したときに、ちょうどそばにいて、もろに被爆してしまったそうです。なんと妊娠もしてて、もうすごい病気になっちゃったそうです。しかし、死の淵をさまよった挙句、見事生還。今はめちゃくちゃパワフルな人です。お子さんもとても元気です。人間の生命力ってすごいんだな、とも思いました。

今はひたすら祖国の復興を祈るのみです。
スポンサーサイト

コメント

遠く祖国を離れていて祖国に大災害が起こった話をニュースで見てたいへんご心配のことと思います。
今回の災害は関西の時のように地震による建物の被害よりも大津波による深刻な被害が大きかったんですよね。亡くなられた方も原発の最悪の事故も津波によりもたらされたものです。
自分は埼玉県の国家的な研究施設の地下深くで仕事をしていましたがたまたま地上に出て休憩していたところで大きな地震に遭遇しました。
最初はでかいなぁ位だったんですがその後急に電話も通じなくなり会社とも連絡がとれなかったので戻ったんですが、会社のテレビで事態の深刻さを見ました。

東北地方の海辺の町が水に飲みこまれる映像を見て呆然としました。
一瞬事の重大さに気付くまでに何を見ているのかよく解らないような気がしました。

その時点で福島で原発が最悪の事態になっていようとは思いもせず・・・。
時間が経つにつれて被害の尋常でない大きさに気付かされて行きました。

政府や国の機関の対応は充分だったのか? 迅速だったのか? それは色々と説が有ると思思いますが、今の政府、総理は率先して国民を救うという立場で考えると全く何をやっているのか判りません。

色々と変わってしまったことも有るし、以前と全く変わらないことも有りますがこれからどうなっていくのか誰も主導していない混迷国家の日本はどうなるんでしょうか。

Re: タイトルなし

>やまとさん

大変な中、とても詳しいコメントをいただきまして、本当にありがとうございます。3月11日は地下でお仕事をされていたのですね、地震が来たときは地上にいらっしゃったとのことで、安心しました。津波で町が呑み込まれていってしまう映像は凄惨すぎて、言葉が出ませんでした。日本が平和な国だといっても、どの国よりも常に天災と戦い続けなければいけない国なんだな、と認識を新たにしました。

今回は天災のみならず、原発事故などの人災も加わってしまい、海外にいながらも、ちょっとでも悪いニュースが流れると過剰に反応してしまってます。毎日余震や、刻一刻と変わる状況をその場で体験されている皆さんはいろんな不便さや大きな精神的重圧を感じているはずだと思います・・・。

日本は絶対安心と思い込んでいたので、「国」のことなんてこれまで全く考えたことがありませんでしたが、自分にも少しでもできることがあればな、と悩む毎日です。特に原発の件は、チェルノブイリの例から見ても何十年かけて収束させていくことかもしれませんが、状況が好転することと、皆様のご無事であるよう、ひたすら祈るのみです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chubbyfingers.blog43.fc2.com/tb.php/99-71607433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。