Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックンロールの神髄

すいません!何度も同じ事を言わせていただきます!私は常日頃から疑問を持っております。特に女性たちの美貌が一層輝くこの季節になると余計気になるのですが。

「なぜ男の勘違いは治らないのか?なぜ男は同じ悲劇を繰り返すのか??」

という哲学的な疑問に陥ってしまいます。

この前友達ともしきりに(無駄に?)熱く語ったのですが、なぜ男の被愛妄想は治らないのか?なぜ男はバカなままなのか??不思議でしょうがないです!男性の皆さん、身に覚えがありませんか?なぜ男は女性にちょっと微笑まれただけで、「おっ!もしかしたらこいつ俺に気があるな?」とか思ってしまうのでしょうか?分からん!分からんとです。誰かこの謎についてどうか教えて下さい。

でも言うまでもなく、これがいくつものロックンロールの名曲を生み出して来たんでしょうね。Bon Scott の歌詞とかを見てみるとこういう類いの勘違い歌詞がすごい多いと思います。もちろん勘違いしたまま終わるのではなくて、勘違いして女性にアプローチしたら「地獄に堕ちろ!」とか言われてしまうブルージーな内容なのです。その後に超落ち込む、または怒りが沸々と湧いてくる、という様々な症状に見舞われますが、その後の予後はみんな一緒。また他の素敵な女性に微笑まれると、「おっ!」と思ってしまう。これじゃあダメだ!男の勘違いは絶対に治らない!

でも、本当にカッコいい奴って時々いますよね。男から見ても、「こいつはモテるな」と思う奴。そう言う奴らは勘違いじゃないんですよね。そう言う奴らが、「あいつは俺に惚れている」と言ったらそれは客観的な事実ですもんね。そこに、「おっ!」という感じはない!むしろ「ああ、またか」という感じですね。一回体験してみたい、そんな世界!!

となると、ひとつの疑問が湧いてきます。果たしてイケメンのロックンロールというものはあり得るのか?単なるモテない奴のひがみですけど、「一応」素朴な疑問として受け止めて下さい。なんかイケメンの人たちが作る歌詞って深刻なものが多いけど、モテない男が作る歌詞って「被愛妄想&その後の落ち込み」系統のものが多いような気がする。それがロックンロールなのかなあ?妙に共感できるんですよね、この系統の歌詞って。

この前AC/DCのBon Scott時代のDVDを買いました。Bon Scottは意味不明のイケてない動きを無駄に多くするのですが、このライブでも2、3曲目でアンガスがソロを弾いている時にいきなり勢い良く「しゃがみ」ます。その瞬間Bon Scottの顔が硬直するのです!あのBon Scottの顔が硬直するんですよ!よっぽど凄い事が起きたんだろうな、と思っていたのですが、最後の曲「ロック魂」でその真相が明らかになります。Bon Scottを後ろから取った映像があるのですが、ジーンズのケツの部分がビリっと破けているのです!!!多分Bonの事だからパンツなんて履いていないでしょう。だから恐らくケツ丸出しなんでしょうね。多分Bonの事だから、2、3曲目辺りで勘違いがマックスに達し、突発的にわけの分からないアクションを起こしたのだと思います。その結末がケツ丸出し。これこそロックンロールなのです!

そうか!男の被愛妄想はロックンロールという形で消化していき続けないと、男は生きていけないのですね!ありがとう、ロックンロールの神様!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chubbyfingers.blog43.fc2.com/tb.php/35-af99fb60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。