Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Feelin' Delta

前回の続き(?)です!まったく続いてないけど。

私ブルーズを聴くんですけど、ブルーズと言っても色々あるんですよね。そのなかでもDelta Blues というものが一番好きです。これはブルーズの中でも一番原始的なもので、1920年くらいのものだと思います。要するにアコギで伴奏をしながら歌うスタイルです。完璧にソロです。弾き語りの原型みたいなものですかね?今の弾き語りとは全く違いますが(笑)。

私、このDelta Bluesを前から気になっていたのですが、Lightnin' Hopkins の Mojo Hand というかなりインパクトの強いアルバムで探求が止まっていました。「まあ、この辺でいいか」という感じで落ち着いていました。ところがどっこい!3年前に驚くべき出会いがありました。以前も紹介した孤高のギター職人「背徳の親指」ことSinful Thumb氏が私にとんでもないアルバムを貸してくれました。その名も Son House!!!もうこれにはぶったまげました!枯れた音でワイルドに奏でられるスライドギター。それとともにうねりにうねりまくるボーカル。これぞ正に僕の求めていたブルーズだ!いやあ、本当にLittle Richard 以来の衝撃でしたね。

その後親指氏からは色々とアルバムを借りているのですが、全部ゴムボール!ゴムボールについてなんでここまでゴムボールなものに対する嗅覚がこの人は優れているのか?ずっと不思議でした。

最近その謎が解明したのです。それは親指氏の「生育歴」にありました。やっぱり育ちがいいと、発育の予後が違います。親指氏はいわゆるブルーズサラブレットだったのです!要するに生まれた時から「先」を行っていたのです!以下のエピソードを聴いて彼がサラブレットだったことを知りました。

親指氏のお父様はザ・職人なのですが、腕は天下一品!しかし、それ以上にブルージーなフィーリングがその血に流れているのです!そのお父様なのですが、よく外国のクライエントからのオーダーが入るそうです。親指氏いわく、「もちろん」お父様は英語が全然しゃべれないらしいです。しかし!しかーし!本当のブルーズマンはそんな事全然関係ない!クライエントは英語、お父様は日本語でしゃべっているらしい。これだけでもファンキーですけど、これだけじゃないんです!親指氏曰く、お父さんは外人と日本語でコミュニケーションしているとき、ちょっと「なんちゃって英語なまり」でそれっぽく日本語をしゃべっているらしい!That's Blues!!!

いやあ、生まれた時からこんだけブルージーな空気にさらされていれば嗅覚も鋭くなるわな、と妙に納得してしまいました。
スポンサーサイト

コメント

ほんとだ!!続いてない!!
いや、でも、親指さんのお父さんは凄いです。そうか、そういうのをブルージーと言うんだな。
「お前のEは俺のAだ」とか、日本語を英語っぽいなまりでそのまましゃべっちゃう感じ(そして通じる)とか。

>ボリンさん

親指氏のお父さん半端ないです。ブルーズって濃いですよね(笑)。修行中の身である私としては、一歩でもこの境地に達する事が出来れば、と面倒くさくない範囲で精進しているつもりです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chubbyfingers.blog43.fc2.com/tb.php/34-f2b1ea70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。