Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Delta on my mind

こんにちは!みなさんはブルーズ好きですか?私は大好きです。ん?好きなのかな?好きというより、何となく聴いてしまうという方が合っているのでしょうか?ブルーズってどの曲聴いても全部同じなんですよね。ちなみに私は1998年に友達の家を訪ねてアメリカのブルーズ多発地区、セントルイスに行ってきました。もうどこのラジオをかけてもブルーズとカントリーしかやっていない!しかも、どこのライブハウス行ってもブルーズしかやっていない!最初の夜は、超ビッグな肝っ玉母ちゃん風の黒人おばさんボーカルを観ました。観ているだけでも圧倒されたのですが、その彼女がステージから降りて来て私の前でクネクネと歌いながら頭を超なでられたというかいじられたというか、されたんですよ。いやあ、すげー怖かったです!でもその後に色々話してすげー楽しかった。

翌日にそのおばちゃんに会いにいったら、その日はライブ自体が終わっていて、前歯の無い樽のような黒人の酔っぱらいおっちゃんしかいませんでした。いきなりそのおっちゃんが絡んで来て、色々話しかけて来るんですよ。超スラングばかりだし、前歯も無いのでセンテンスが理解不能!いきなり「おう!にいちゃんギター弾くのか?今度俺のステージで弾いてもらうからな!」とか言われました。なぜ自分がギターを弾くのか分かったのか?適当言っていたのか?「カントリーもロックもジャズもやらん!俺はブルーズマンや!!」などといきなり叫び始めて、「やべー!この人やベー!」とうぶな私たちは脱出体勢に入っておりました。そうしたら、BGMで流れていたブルーズに合わせて、おもむろにポケットからハーモニカを取り出して、ブルーズを吹き始めたんですよ。もうぶったまげました!今まで聴いた中で一番ぶっとく、ワイルドなハーモニカでした!もうこの音を聴いちゃったらステージに上がるしかない!と思いましたね。後日このおっちゃんのライブに行ったら、いきなりステージに上げられました。「お前のコードはなんだ?」と聴かれたから、適当に「Eっす!」と答えると「お前のEは俺のAだ!」とかブルージーなことを言われ、突然演奏は始まりました。僕も適当に弾き始めたら、超面白かったです!その後に、「おいあんちゃん、ツアー行くぞツアー!」とか言われたんで「来週日本に帰っちゃうんですけど」と伝えるとFだのBだの下品な言葉をわめき散らされました。「これはとっとけ」と言われて、おっちゃんのミニハーモニカをお土産にもらいました。それとおっちゃんの住所の書いた紙ももらいました。あんなおっちゃんなのに妙に字が奇麗なのは意味不明でした。

おっちゃんのミニハーモニカとサイン入りの住所(ペーパーナプキンに書いてある)は、私が作った巾着袋に入れ、私のお守りMojoとしてギターケースにしまってあります。ちなみにおっちゃんの名前はArthur Williams またの名をMississippiというらしいです。すげー人でした。ネットで検索したらおっちゃんのCDが出てきました!

Arthur Williams


あ!今日は別の事を書こうと思ったのに!またDelta Part 2 で書きます!
スポンサーサイト

コメント

どうも、ボリです。今静岡です。
凄い話だなぁ・・・。そして、凄い経験を積んでいる、積む行動力を持つアチョーが、とてもうらやましい。相当、半端ではない経験(体験ではなく)だと思います。
続きが気になります!

>ボリさん
どうもありがとうございます!いつも通り遠方だね!突発的に思い出して書いてしまいました。思い出して嬉しくなったね。セントルイスというアウトローな地域ならではの話だよね!むしろ僕は及び腰でした。でもあのおっさんの「カモーン!派手にやったれあんちゃん!」という豪快な雰囲気に思わず乗ってしまいました。そして、ビビりながらも乗れてすげー楽しかったです!

す、すげえ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ROCK IT

すごいと言うか羨ましいと言うか・・・何より聴きたかったなぁぁぁぁ!!!!
私も99年メンフィス、翌年ニューオーリンズに旅行したもので・・・
短い旅程中、何度かライブにも行ったのですが無論日本人ミュージシャンが
飛び入りすることもなく、大人しくビールとサンドイッチをかっ喰らいながら
聴き入っておりました・・・
ちなみに旅行中の会話はほぼボディランゲージとカタコト英語で済ませました。
お互いに伝えあうココロとココロがあれば大丈夫です、多分(笑)

>zumiさん

嬉しいお言葉ありがとうございます!メンフィス、ニューオーリンズとは(笑)。これまた濃い~い旅ですね!そのセレクションにむせ返るようなフェロモンを感じます!

ボディランゲージとは、これまた!!まさにブルーズの本場で本物のブルーズをパフォームして来たのですね!こゝろとこゝろでぶつかり、大腸で会話をする。この体験自体が何よりも純粋なブルーズですよね!!!ブルーズは国境を越える!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chubbyfingers.blog43.fc2.com/tb.php/33-e98537d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。