Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/4という反抗

さあ!大好評のギター日記、第2弾です!あ、突然訂正。前回の早弾きは速弾きの間違いでした。

さて、前回は速弾きという大多数のギタリストの心の闇の部分にスポットを当てました。私自身が速弾き挫折組、ギタリストで言う「負け組」出身なので、前回の記事はある意味アウェイでした。今回は現在の私の「魂のホーム」で執筆をさせていただきたいと思います!

エレキギターの神髄はズバリ、クオーターチョーキングにあると私は断言させていただきます!

クオーターチョーキング(以下QC)とは一体なんぞや?ギターという楽器の特徴は弦に直接触れて演奏をする事です。そこがピアノと一番違う所ですね。ピアノは鍵盤が弦を叩きますもんね。そう言う意味ではバイオリンも弦に直接触れますが、ギターとは奏法においてものすごく違う所があるのです。バイオリンはフレットがないので、弦にそった指の横の動きでビブラートなどをかけ、音程を上下させます。ギターはフレットが打ってあるので、違うフレットを押さえないと音程は上下しません。しかし!ギターは弦を縦にひん曲げる事により、音程を上げ、ギターを「泣かせる」事が出来るのです!これをチョーキングと呼びます。よく考えてみるとかなり強引で、かなり「不良」な荒技ですよね。

よく「泣きのギター」とか言いますけど、それは要するにチョーキングさせた音に更にビブラートを加え、ギターが叫んでいるような音を出す事です。

チョーキングは弦のひん曲げ具合により、弦が切れない限りはどんな音程でも出せます。一音ちょうど上げる事も出来ますし、半音ももちろん可能。その代わり、間違えると調子はずれな音痴ギターになります。

QCというのは、その名の通り、音を1/4だけ上げるのです。しかし!これを額面通りにとってはいけない!!!ブルーズのQCを聴くと、最終的には半音上がっているのです!だけど、半音チョーキング(以下HC)とも違う。何がちがうのか???

QCはいわば、「チョーキング進行中」なのです。QCは1/4きっちり上がっているわけではなくて、元の音から、少しずつ上がり、1/4を通過して、最終的にHC辺り、もしくはもうちょっと上にたどり着くのです。そしてこの感じが何ともネットリとイヤらしい。粘着度120%です。

しかも!しかも!本物のQCを聴くと何かこう大腸が凄くくすぐられるような、締め付けられるような気がする。「腹にくる」ギターなのです。とくにQCが多用されるブルーズを聴くと、音楽に癒されるという感覚とはほど遠く、大腸にガンガンくる締め付け、まるで腸捻転と戦うようなしかめっ面になります。ブルーズは安心して聴ける音楽ではないのです。これは腸捻転との戦いなのです!!!

そして、聴き手に腸捻転を起こせるかどうかはまさにQCの「濃さ」にかかっています。単に弦を持ち上げるだけじゃダメです。指先で弦を持ち上げるのではなく、こちらのはらわた煮えくり返るような思いを、大腸運動を通じて、弦をひん曲げるのです!しかも、今にもHCに達しそうなのを我慢して我慢して、「HCに届いちゃいそうだけど、まだまだ!」という格闘を自分の中で繰り広げるのです。これがQCの神髄だと僕は思います。

ちなみにはらわた煮えくり返るような思いとは、例えば待ち行く超プリティーな女性を見て、それに手が届かない時に感じる「ちくしょー!俺が何をしたって言うんだ!!!」という感覚がよい例です。皆さんにも身に覚え、ありませんか???

ちなみに西洋音楽の音階とは一番最小のステップが半音なのです。1/4なんていう半端な数字はないのです。西洋で生まれた楽器、ギターをオーソドックスな弾き方で演奏せず、無理矢理弦をひん曲げ、しかもQCというわけの分からんものまで創り出してしまったブルーズ、そしてロックンロールに飽くなき反抗を感じます!!!

参考画像:
B.B. King "Live in Cook County Jail" のジャケット
0003914,live-in-cook-county-jail


スポンサーサイト

コメント

なるほど。凄く分かり易かったです。アチョーのギターが妙にねっとりと濃い理由は、結構技術的に支えられているものでもあったのですね。アチョーのギター技術について、理解はしているつもりでしたが、私の知識だけでは言語化できませんでした。

魂だけではだめ。技術だけでもだめ。魂に結合した技術があってはじめて腸がねじれる。いや、なかなか…。

わお、ゴンボリン!コメントありがとう!技術的には僕はダメダメです。ブルーズを色々聞いて何となく感じたことを表現しようとダラダラやってたら手グセの様になった感じですね。それで今回の記事を書いているうちに理屈がまとまっていったという感じです。ブログってすごいね。

でも「ねっとり濃い」、というのは最高の褒め言葉です!ありがとうゴンボ!!!

魂と技術の交差点、それが大腸なのですね。

No title

おぉ!なんか画面がKeeper of the seven keysみたいになってますよv-12
あぁ~、It's halloween!

QCをマスターして別のものを泣かせてみたいです(エロ)v-219

No title

出た!レイジー・アゲインスト・ザ・女体!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chubbyfingers.blog43.fc2.com/tb.php/25-869bfbea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。