Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rock 'n' Roll における "Roll" とは?

大分まえだと思うのですが、どこかの音楽雑誌でThe Rolling Stones ギタリスト、Keith Richards のイカしたインタビューを読みました。正確ではないのですが、こんな事を言っていました。

「最近の奴らはロック、ロックばかり言うけど一体ロールはどこに行っちゃったんだい?」

この記事を読んだ瞬間、私は魂のツボを押されたようなエクスタシーを味わいました。「そうそう!僕はそれが言いたかったんだよ!最近の音楽に欠けていたものはロールだったんだなあ!」理性ではちゃんとそれが処理しきれていなかったのですが、私のハートはガッチリつかまれました。今回は Rock 'n' Roll における、"Roll"について私なりの意見を書いてみたいと思います。

ギタリストとして私が感じるのですが、いわゆる近代のロックの特徴は音の重さと、音の歪み具合にあると思います。ロックの中で「激しさ」を追求すると重低音がものすごく強調されたり、ギターのディストーション(音の歪み)が強くなったりします。その結果、より音が詰め込まれ「音の壁」状態になって行くような気がします。そのような激しいロックを聴いている時、私はなにかカタルシスのようなものを得ます。実際に激しい音楽が大好きだった16歳の頃までは重さ、歪み、速弾きが私は大好きでした。音が詰まっていれば詰まっているほど良い!という考え方を私はしていました。

そんなある日Heavy MetalバンドMegadethのギタリスト、マーティー・フリードマンは以下のようなことを言っていました。

「AC/DCのHighway To Hellというアルバムがあるんだけど、ギターのディストーションがほとんどかかっていないのに、ものすごくパワフルなんだ!」

「え?そんな事があるの?」と私はビックリしましたが、早速AC/DCを聴いてみました。

ぶっ飛びました!!!

「確かに、ギターの音はディストーションがほとんどかかっておらず、限りなくクリーンだ。しかも、音も詰め込んであるというか、むしろ「間」が多い。だけど、この疾走感、ドライブ感、そして音の厚みはどうしたことだろう?」当時の私にとってはこの現象が不思議でたまりませんでした。「音の壁」至上主義であった当時の私にはこのからくりが全く分からなかったのです。しかもAC/DCの場合は、音の「間」に一番ノックアウトされるんですよね。メタルのようにズトーンという(こんな音しないか、笑)、重低音が鳴った時にみぞおちがやられるというよりも、何も音が鳴っていない時に「大腸がくすぐられる」という感じなのです。

そして最も驚きなのが、どんなにテンポが速いメタルの曲よりもAC/DCの曲は実測値のテンポが遅いにも関わらず、いわゆる「体感速度」が速いのです。テンポが200くらいあるバリバリのメタルの曲より、テンポが140くらいでギターも全然歪んでいないAC/DCの曲の方がドライブ感があるのです。

この現象を考えてみると、やはり音の「間」というものに何か関係があるように思えます。私がメタルでカタルシスを覚えるとすれば、AC/DCにおいては前に進んでいる感じ、転がり感を得るんですよね。メタルにおいては心の中にたまった鬱憤を吐き出して、再びゼロに戻るという感じを私は得ます。しかし、AC/DCにおいては何かを吐き出すというより、何かを創り出しているという感覚が強いんですよね。AC/DCのことほめ過ぎですかね?

後でつけた理屈になってしまうかもしれないのですが、以下のように私は考えます。音の「間」がある曲というものは、聴き手に対して能動的な聴き方を促し、そこに流れている音楽に「参加」するように働きかけてくる。要するに、ライブであろうが、レコードであろうが、「いま・ここで」流れている音楽という体験世界をプレイヤーとリスナーが一緒に築き上げ、創り上げていく、というプロセスがあるのだと私は思います。毎秒毎秒共同作業で世界が創られて行くので、1秒前の自分より今の自分は前に進んでいる。それが「前に転がっている」という感覚を生むのだと思います。そしてそれが Rock 'n' Roll の Rollなのだと思います。

一方「音の壁」においては(一応断っておきますが、私はまだメタル大好きです、笑)、もうすでにプレイヤー側が提供する世界が出来上がっており、リスナーは自分がもっている鬱憤をプレイヤーの世界に重ね合わせ、溜まっていたものが吐き出されるというような感じがします。それだからこそ、カタルシスが得られるのでしょう。

以上のような事が私が考える Rock 'n' Roll の Roll であると思います。ちなみに冒頭のKeith Richardsは Honky Tonk Woman という曲を演奏していますが、これがすごい!ギターはディストーションどころの話ではなく、どクリーン。テンポも相当遅いです。「間」も空きまくり。でも疾走感がすごいのです!!!やはり私は、Rock 'n' Roll というジャンルは音楽の形態がどうというより、こちらが体感する「転がり具合」というものであると思います。

転がりを感じる曲:

AC/DC "Shoot to Thrill", "Hell ain't a bad place to be"
Rolling Stones "Honky Tonk Woman"
Little Richard "Keep a knockin'"
Guns 'N Roses "Anything Goes"

そしてなぜか、
井上あずみ 「となりのトトロ」
スポンサーサイト

コメント

No title

よし、分かった。風船太郎のアドレスを載せておく。
http://2000taro.com/perfo.htm

No title

ありがとう、Gomborin!!!
やっと返信の仕方が分かったよ(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chubbyfingers.blog43.fc2.com/tb.php/2-2ca73443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。