Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の音楽について

今さらって感じだけど、本当に最近の音楽が好きになれないなあ、とつくづく思う。最近というより、「オアシス」以降の最近の音楽と言った方が的確だろうか。オアシス以降だから、もう十数年になるのか・・・。恐ろしい!正に自分にとっての音楽暗黒期がずっと続いている。

別に奇を衒って、古い音楽しか聴かないわけでは決してない!頑固にロックンロールやブルーズを聴き続けているわけでも決してない!単にロックンロールやブルーズが底なしに魅力的だから&最近の音楽が本当に肌に合わないからという理由。本当に、うそいつわりなしに、涙が出るような音楽、大腸がうずくような音楽に出会えたら、それが今作られたものであれ、なんであれ、喜んで飛びつく。でも、なんかオアシス以降の音楽って好きになれない。何が好きになれないか、というと音楽が脱力&ニヒルだから。分かってもらえるだろうか、この絶妙な喩え。

オアシスが出てきたときは、本当にぶったまげた。なににぶったまげたか、というと同年代の人間に絶大な支持をされたことにぶったまげた。そして、バーとかに行くといまだにオアシスを演奏しているバンドがいて、もうその場は超盛り上がる。自分から見るとオアシスって本当に、脱力してニヒルに構えている。「俺はニヒルだぜ~、カッコいいだろ~?」という「間接的な」アピールをバンバン感じる。暑っ苦しくて、ガッチガチに力みまくっているのがロックンロールなはずなのに、なんでこういう音楽がロックという分類をされるのか、全く持って理解不能。

超ブサイクなのに何を勘違いしたのか、脱力&ニヒルに走ってしまったミュージシャンがいて、更に何を血迷ったのか女性ファンがそのバンドに熱狂している、という事件があったら、それは超ロックだと思う。でも、イケメンの奴らが脱力&ニヒルな音楽をやっていると、すんごいイヤミに感じる。そして、そういうミュージシャン達がキャーキャー騒がれていると、この世も終わりだと思う。決して僻みではない、多分。

でも、考えてみると暑っ苦しくて、ガッチガチに力みまくっているロックンロールバンドってやつ自体が実は希少なのかもしれない。ロックってものすごく形骸化しやすくて、スグに熱くないバンドがどんどん出てきちゃうような気もする。そう考えると、宇宙レベルの超変人を排出し続けているブルーズの方が断然好きだなあ。

脱力&ニヒル系のバンドが後を絶たないので、ついブログで愚痴ってしまった!ロックンロールの神様、許してください!!!
スポンサーサイト

コメント

心理学

他者を評価する際に、楽しい気分のときは他者のポジティブな面に注目し、悪い気分の時はネガティブな面に注目する傾向が人にはあります。気分一致効果などと言います。w

ただ今心理学勉強中。今週末に科目試験があるんだよ〜。例えばエリクソンのアイデンティティや発達段階とか、ADHD(ACDCではないw)とか、
ジェンセンの「環境閾値説」とか、その他たくさん絶賛勉強中。

ADHDより

>のぶさん

他人の悪口ばかり言っていたら、のぶさんに心理学的に分析されちゃいました(笑)。
覚えることいっぱいですね(汗)
しかも、科目もやたら多いですよね。
マジ、応援してます!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chubbyfingers.blog43.fc2.com/tb.php/156-6e7761f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。