Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作曲について

やっと実験室の引っ越しも終わりが見えてきました。今はサボってブログ更新中。

最近、13年くらい前にたくさん書いた曲を聴き直す機会があった。アレンジもいい加減だし、歌詞は韻を踏んでないし、殆どがラフすぎる感じだった。でも、なんかこういうことが表現したいんだろうな、というのはすごく伝わってきた(笑)。

なんか自分がバンドをやっていたころは下北ブームで、パンク(?)全盛期だった。テンション高くてなんぼ、暴れてなんぼっていう勝負だったなあ。でも、自分の作る曲を聴き直すと、そういう感じじゃない。もともとそこを目指してバンドを始めたわけでもない。ギタリストなのに、曲を作ると絶対リフ中心ではない。コード進行とボーカルメロディ中心。しかも、そのコード進行も何週間も考えた末に結局は3コード。というか2コードのときさえある。ギンギンのロックというより、なんとなくフォークソングというかカントリーっぽい。ギンギンのロックの曲が書ける人はすごいと思う。

まだ髪の毛もあって、長髪でロックのことばかり考えてノイローゼになってた頃は、対バンと自分たちを比較して本当に悩んだ。テンションを高くしなきゃ負ける!ってことばっかり考えてたなあ。ロックを楽しむどころか、なんかみんな心配されるほど暗くなってたなあ(笑)。周りを意識して書いた激しい曲とかは、やっぱり今聴くと響いてこない。日常の中でなんとなく感じる素朴なこととかを書いた歌の方が、今聴いても響いてくる。リフ中心の曲を作らなきゃ、テンション高い曲を作らなきゃ、とどこからか思い始めて、どんどん曲が書けなくなっていったなあ。

こんな年齢になって思ったけど、やっぱり等身大の曲しか書けないんだな、と思った。それで別にそれは悪いことじゃないと感じるようになってきた。自分の中から自然に出てきたものを書き続ける。結局これしかしようがない。The B.B. Boogieでは本当に貴重なチャンスを与えてもらって、これでもか!ってほどのライブをやらせてもらえる。これは本当にThe B.B. BoogieそしてAC/DCのもつバンドのパワーなんだろうな。自分にとってはこれは、本当にかけがえのない大切な場だから、チャンスが与えてもらえる限り全力でやり続けていきたい。

でも、やっぱり自分の書く曲は、フォークソング・・・。それはそれでいいや、と思えるようになった。自分のオリジナルに関しては、もう自然体で行くしかない!
スポンサーサイト

コメント

そーいえば我々のテーマソング、"Chicken Hearted Blues"はどうなりましたかね?
いつか聴ける日を楽しみにしております。

ビビりブルーズ

約6年間ほど、いつもリマインドありがとうございます!なんだか、この曲はもう出来上がった気分になっていて、Sinさんにリマインドされないといつも忘れちゃうんですよね・・・。よし!決めた!今日一日で作る!こちらに来てから、ブルーズだけは何曲かできました。"Lonely Blues", "No Home Blues", "Baby why did you leave me?"などなどです。ブルーズを作っていて思ったのは、ブルーズは短時間で作らないといけないということです。都合良すぎっすかね?今日作ります!

Chicken Hearted Blues

歌詞

I got myself a chicken heart and I'm alone.
I got myself a chicken heart and I'm alone.
Ain't got no one to call my name and it's another chicken hearted night.

I see happy neighbors having time of their lives.
I see happy neighbors having time of their lives.
One of these days, I'm gonna be there but tonight I sleep with my chicken heart.

おお、こりゃもうどうしようもないくらいにBluesですね。
しかし他にも何曲かBlues作ってるとは。
せっかくなんでどっかでレコーディングしてアルバムでもつくりましょう。

Voodoo Chicken

>Sin様

はい。どうしようもない生活から漏れ出てきた、正真正銘のBluesです。
絞り出したわけじゃないので、3分で書けました。
書いたというより、漏れてました。
漏れて漏れて仕方がなくなった暁に、アルバムという「大」の方の排泄をしようと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chubbyfingers.blog43.fc2.com/tb.php/116-b0fe46a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。