Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽的な引きこもり

ビートルズとニルヴァーナは似ている。我々現代人はあまりにもビートルズの曲に慣れ過ぎてて気づかないけど、ビートルズの弾き語りなんかをやってみると、あまりにも脈絡のないコード進行にビビる。どこでどうやったらあの発想が生まれるのか全く分からない。そんなアバンギャルドなことをやっておきながらスタンダードになっているんだから、ビートルズと言うバンドは本当に恐ろしい。

今はそんなことないかもしれないけど、90年代に育った我々はあるプレッシャーの中青春時代を過ごした。Led Zeppelinをカッコいい!ということがカッコよかったのである。ツェッペリンの良さが分からないやつはダメ人間、という空気があり、モテたかった自分は随分無理矢理ツェッペリンを聴いた。それより辛かったのはクリームブームである。ジャムることになるとなぜか絶対にSunshine of your loveをやらなければいけない。もっとカッコいい奴はWhite Roomをやる。クリームの良さが全く分からない自分は本当にきつかった。

こうやって書いてみると初めて分かる。自分はメランコリックなヨーロピアンフレーバーの音楽がダメなんだ。こういう音楽を聴いているほうが恰好よかろうが、深かろうが、自分には本当に難しい。聴いているだけで陰鬱な気分になってくるのである。聴いていてモテる音楽はニヒルでメランコリックな音楽、俺は無理だな~。さて、冒頭の話に戻るが、自分は(言うまでもなく)ビートルズもニルヴァーナも聴かないが、この二つのバンドは大衆音楽に決定的な影響を与えたんだろうな、と思う。特にニルヴァーナが出てきた後は、すべての音楽の「フレーバー」が変わってしまった。ニルヴァーナの音楽はもうとんでもないコード進行のオンパレードである。あまりにも前衛的すぎて、自分の耳は今でもニルヴァーナが理解できない。なんというか、ずっと爆音で不協和音に晒されているような感じで、吐きそうになる。でも、カートコバーンは本当に天才だったんだろうな、とは思う。

でも、もっとすごいのはニルヴァーナを「いい!」と思える「大衆」だ。自分から見ると「みんなどんだけ耳が肥えてんだ」と思う。ニルヴァーナという爆発が起こってからというもの、世界の「色」が変わった。ありとあらゆるところが不協和音だらけになって、本当に気が狂うんじゃないか、と思った。特に自分が学生時代のころはミスチルとかスピッツとかブランキーが流行りだして、不協和音のオンパレードにより世界が崩壊していくような気分だった。マジ冗談じゃなく。ライヴハウスはもうみんなブランキー状態で、本当にうつ病ギリギリだった。

例えて言えば、常に船酔い状態。今考えると、そんな時に自分は本当にAC/DCにすがっていて、AC/DCに引き籠っていたなあ、と思う。朝から晩までAC/DC。歩いているときはウォークマン。寝る前はライブのビデオ。ギターのケースはAC/DCのステッカーだらけ。もちろんTシャツはAC/DC。なんというか、「魔除け」のようにAC/DCにすがっていた。いまではAC/DCがきちんと内在化され、自分の中で確固となるものとなったから、AC/DCの引きこもり状態から脱することが出来た。でも今は黒人ブルーズに引き籠っているから同じことか・・・。うーん、進歩がない・・・。

あまりにも過小評価されて誰も考えていないことだと思うけど、ああいう時代の風潮に一矢を報いたのはBuckcherryなんじゃないか、と思う。あの時代の空気の中であそこまでの正統派のロックンロールをやるというのは、もう凄いことだった。例えて言うならば、フルチンで街中を歩くようなもんだ。初めてアルバムを聴いたときの衝撃は忘れないなあ。でも、案の定インタビューでは本当に好きな音楽を貫き通すのが辛かったと言っていた・・・。Buckcherryが出てきてから、少しずつ流れが変わってきて、今じゃだいぶ世界の空気も違ってきた。それにしても誰もBuckcherryの業績と勇気を称えないのは悲しいことだ。という自分もこの記事を書くまではすっかりこのバンドのことを忘れていた。

ビートルズとかニルヴァーナは本当に天才の集団で、彼らは伝統をぶっ壊す達人だった、という感じがする。哲学者で言うならばニーチェ?画家で言うならピカソ?他方で、AC/DCみたいなバンドは細々と伝統工芸品を作り続けるようなバンドなのだ。やっぱりぶっ壊す方が派手で注目されるもんなあ。職人はそこまで注目されないか。どちらにしろ、AC/DCはすごい!そしてBuckcherryもすごい!

スポンサーサイト

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。