Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カビケーキ

この間、仕事中にどうしても堪えきれない空腹感に襲われたので、急いで簡単に食べられるものを買いに行きました。美味しそうな、カップチーズケーキ(?)があったので速攻で買い、速攻で食べました。そうしたら最後の方で気づいたのですが、なんとカビがも~も~生えてた・・・。「どっひゃー!」と思いましたが、時すでに遅し・・・。カビはすでに胃袋へ・・・。その瞬間から今後の2,3時間が心配で心配で仕方なかったです。特に繊細でデリケートな僕にとっては致命傷。でも、カビは抗生物質としてみんな飲んでるわけだし、大丈夫だよな!と自分に言い聞かせなんとか乗り切りました。幸い嘔吐も下痢もせず、無事に済みました!カビは僕の体の中で抗生物質となり、体内の雑菌と戦ってくれたのかもしれません!というか、チーズケーキだったから、ブルーチーズを食べたってことになるのか?みなさん、何かを食べる前にはカビをチェックしましょう!
スポンサーサイト

リズム感について

よくギターの教則本とかを読むと、「日本人はリズム感がない」「欧米人のリズムに学ぼう」みたいなことが書いてある。やっぱり、日本人だとロックンロールは難しいのかな?とか思って落ち込む。特に海外にいた年数が長い自分は、「外人」と自分を比べていつも落ち込んでた。

でも、ここでちょっと立ち止まって考えたいのだが、我々日本人がいっつもいっつも口にする、「欧米人」とか「外人」って誰なんだろう?人によって様々だと思うけど、大体の日本人は「白人」を思い描いていると思う。自分は友達に「白人」のギタリストがいるから、かなり前に自分の日本人音楽コンプレックスをぶつけたことがある。でも、彼が言うには、「白人はリズム感がない」とのこと。確かに、ジャズとかブルーズとかロックンロールの歴史では、白人たちが音楽において、黒人たちに「逆差別」を受けていたとか読んだことがある。でもエルビスが白人だけど、リズムアンドブルーズを敢えてやった、ということで、スゲー注目されて、ロックンロールが生まれたんだよな。

そう考えると、リズム感がバリバリなのは「黒人」ってことになる。そうすると、欧米人のリズム感に学ぶんじゃなくて、「黒人」に学べ!というのが正しいんじゃないか?そうやってルーツを辿っていくと、リズムの発祥地はアフリカ!?

クラシック音楽は別として、ロックにおいては、「欧米で本物のロックに触れてきた!」という話を聞くと、「なるほど」としか思わない気がする。これは2年前自分が「欧米」の国に行ったときに、危うく入国拒否に遭いそうになったことを根に持っているわけではない(多分)。でも、「いやあ~、ロックンロールとブルーズのルーツを辿りに辿って、アフリカのシャーマンたちとレイブしまくってきたよ~」、と言われたらマジで度肝を抜かれる。

「欧米」っていうより「アフリカ」ってことだな!

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。