Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rock 'n' Roll Gypsy

いやあ、気がつけばもうすぐでXmasですねえ。みなさん、メリークリスマス!幸せに過ごしてますか?そして私はロンリークリスマス!そう言えば、仲間内では去年も同じような合い言葉をお互いかけていたような気がします。1年経っても全く進歩なし!

いやあ、本当に年を重ねるごとに1年経つのがどんどんスピードアップしていきますね。私自身、22歳辺りからこの現象を非常に悲しく感じていました。子供の頃って本当に1年間が長かったですもんね。思春期なんか毎日何が起こるか予測不可能でした。

年を取るごとになんか日常が自動化していくというか、その現象を切なく感じます。

ところで、私Bob Dylan の事はあまり知らないのですが、この人の生き様についてちょっと聞いたり読んだりするたびにすげー人だと感じます。つい最近も彼をテーマにした映画が上映されていましたが(私観ていないのですが)、なんか彼の常に前に進もうとするスピリットが描かれているらしいです。そんな Bob Dylan の名言で、「今日の俺は昨日の自分より若い」というのがあります。確か今までアコギでやっていたのに、みんなの期待を裏切ってでも前に進むためにエレキに持ち替えたときの格言らしいです。そのライブはブーイングの嵐だったらしいです。しかし、Bob Dylanは止まらない!ファンがやっと彼のやろうとしている事に追いついたかと思うと、いきなり違う事をやり始める。だから誰も Bob Dylan には追いつけないらしいです。いまは何でも「終わりのないツアー」をやっているとか!すごい!なんだか凄すぎる!

こんな姿勢を貫いているひとには、先ほどの「自動化」も起こらず、年月が短くなっていくという現象も当てはまらないのかな?と思います。いや、むしろそういうことに人一倍敏感だから、自分を駆り立ててそんな風にしているのかな?色々推測してしまいます。それにしても、「昨日の自分よりも今のほうが若い」と言い切り、それを実行してしまうスピリットは凄すぎます!!!
スポンサーサイト

Return of the Rock 'n' Roll Hero

でででででででで、出たあ!!!わあああああ!!!

ついに出ちゃったじゃないですか、Chinese Democracy!!!!!!ちょ、ちょっと待って下さい。落ち着きましょう。落ち着けん!!!このタイトルを聞いてからもう9年近く経つんですよね。9年ですよ。いつも「ついにGNRが再始動!」とかいうガセネタに踊らされて早9年!最後の方はもうどうでも良くなってましたね正直言って。でも出ちゃったじゃないですか!良いんですか?これ、良いんですか???

ほおおお。落ち着こうと思っても落ち着けないです。

まずは、感想です!最初の感想。あれ?正直「全く」期待していなかったけど、かなりイイジャン。いや。なんか聞くたびにどんどん良くなって行くぞ?なんかやっぱりアクセルの声を聞くだけで満足ですよね。いや!それだけじゃない!普通に作品として良い。しっかし、アクセルよく出したよなあ。本当に勇気ある行為だと思います。あれだけ話がでかくなって、存在も偶像化されて行く中で、よくぞ現役でアルバムを出したよなあ、と思います。だってアルバムを出さなかったら過去の栄光をずっと引きずることが出来たわけですもんね。でもアクセルは敢えて前に進むことを選んだって事ですよね。凄いですよこれ、絶対に普通じゃ出来ないですよ。こういう立場に立ってしまった人間が出来るわざじゃ無いですよ。

GNRは個性的なメンバーの集まりで、そこで生まれるケミストリーにこそマジックがあったと思います。だからこの前来日した「GNR」を見た時は大きな疑問が残りました。以前このブログにも書きましたけど。でもこのアルバムを聴いてなんか見方がすごく変わりました。17年間でしたっけ?沈黙を破ってこのアルバムは出てきたわけですけど、この17年間って本当に僕らGNRの根っからのファンにとっては重いですよねえ。いや、マジで重いです!この17年間に僕らの青春が詰まっているんですよ。GNRに「引火」され爆発したロックンロール熱。僕の年代のひとならみんな同じような思いで青春を過ごした事でしょう。80年代終わりから90年代の始まりにかけて疾走したロックンロール。エルビスのハートブレイクホテルから始まり、進化し続けてきたロックンロールがラストスパートをかけて、爆発し、燃え尽きた時期ですよね。GNRは正にロックンロールの歴史の集大成だったんですよ。少なくとも僕らにとっては。そしてそれからグランジが現れ、ラウドロック、ミクスチャー系が現れ、Radioheadとかが現れ(すいません。Radioheadについての知識、あまりないです)、ロックンロールは細分化し、様々な形へと昇華されていきました。しかし、ロックンロールがもつ興奮、そしてくだらなさ、バカさ、無意味さはGNRを最後に消えて行ったように感じます。自分たちの世代にとってはこの興奮やバカバカしさこそが最も大切なものだったように思えます。

グランジの栄枯盛衰、様々な分野への細分化。これをアクセルはどんな気持ちで眺めていたんだろう?と思います。このような「熱い」ロックンロールを再建するために最も頑張ったバンドはBuckcherryであると思います。ボーカルのJoshua Toddは言ってました。グランジとかがはやっていた時期はマジでブッキングするのさえも難しかった。本当に大変な時代だったよ、と。そうだったろうな、と心底思います。Buckcherry にしても Backyard Babies にしてもこういう古き良きロックンロールを再建しようとしている強い信念を僕は感じます。しかし、アクセルはずっと黙ったままだった。どんな気持ちでこの時代を過ごしていたんだろうなあ?

アクセルがインダストリアル系のサウンドやヒップホップなどを積極的に取り入れているのは、何となく知らされていました。だからBuckcherryのような「葛藤」は無かったのかな?とか思いましたね。古き良きロックンロールに縛られず、新しい波にアクセルは乗ろうとしているのかな?と思っていました。しかし、一方でアペタイト時代への憧憬も強く感じました。アクセルは一体何がしたいのか!?とずっとずっと思っていました。

Zakk Wylde などはGNRのよく分からない動きに耐えられなくなり、ダフなどに直接再結成をするように促していたようです。インタビューでも何回もGNR再結成を訴えていましたよね。あの時代のロックンローに燃えた人たちならばみんな複雑な思いをロックンロールに対して抱き、GNRに対しても抱いていたんじゃないでしょうか?「また熱いロックンロールがしたい。でも出来ない。もっと新しいものを積極的に取り入れて行くべきなのかな?でもあの時の思い出が忘れられないよなあ」みたいな感じで。

グランジからミクスチャー系、そんな動きがありましたが、今って何が流行っているのか分からないですよね。多分ロックンロールの一連の進化のごたごたが一段落付いたんですかね?そんなところでいきなり発表された今回の新譜!これには本当に参りました。

アクセルは新しい「サウンド」を積極的に取り入れています。これはノスタルジックな作品ではありません。でもアクセルが歌うと、ロックンロールの本質がまぎれも無くそこに体現されているんですよね。これはロックンロール以外の何ものでもない。逆にアクセルはグランジ以降のすべてをここに盛り込んでいるからこそ、「現在」という時間においても我々はノスタルジックな意味ではなく、「いま・ここで」ロックンロールを体感できるような気がします。前回の作品ではGNRはどんどん膨張して行き、「もののけ姫」のシシガミの様に巨大なものになってしまっていました。GNRというビッグバンの後には様々な形でそれが体現されて行ったように思います。でも17年という年月をかけて、アクセルは見事これをもう一度GNRというロックンロールバンドに吸収し、2008年という現代においてもあの時の興奮を我々に提供したんだな、と思いました。自分にとっては本当に重いアルバムです。

僕はBuckcherryやSilvertideが大好きです。彼らのロック魂に強く感動します。彼らは古き良きロックンロールを再現する事に賭けています。僕たちが彼らの音を聞くと応援したくなるのです。一方、Chinese Democracy はなんか違う形でロックしています。古くも良くもないです。新しく、下品です。でも、今ここで燃えさせてくれる何かを感じます。アクセルっていつもこういう役目を果たしてますよねえ。ある意味マジでロックンローラー。今回の作品、凄いです。GNRが健在で良かった、という安心感ではなくて、アクセルの凄さにまたビックリさせられたという感じです。

以上が僕の勝手な妄想ですが、本当の所はどうだったんでしょう?ただ単にうつ状態だったから17年間作らなかったのか?それともただ面倒くさかったから?でも、大げさなようですけど、このアルバムが発表された事によって、本当にあの時代のロックンロールに囚われていた世代はようやく、変な呪縛からちょっと解き放たれたような気がします。

ロックンロールの神髄

すいません!何度も同じ事を言わせていただきます!私は常日頃から疑問を持っております。特に女性たちの美貌が一層輝くこの季節になると余計気になるのですが。

「なぜ男の勘違いは治らないのか?なぜ男は同じ悲劇を繰り返すのか??」

という哲学的な疑問に陥ってしまいます。

この前友達ともしきりに(無駄に?)熱く語ったのですが、なぜ男の被愛妄想は治らないのか?なぜ男はバカなままなのか??不思議でしょうがないです!男性の皆さん、身に覚えがありませんか?なぜ男は女性にちょっと微笑まれただけで、「おっ!もしかしたらこいつ俺に気があるな?」とか思ってしまうのでしょうか?分からん!分からんとです。誰かこの謎についてどうか教えて下さい。

でも言うまでもなく、これがいくつものロックンロールの名曲を生み出して来たんでしょうね。Bon Scott の歌詞とかを見てみるとこういう類いの勘違い歌詞がすごい多いと思います。もちろん勘違いしたまま終わるのではなくて、勘違いして女性にアプローチしたら「地獄に堕ちろ!」とか言われてしまうブルージーな内容なのです。その後に超落ち込む、または怒りが沸々と湧いてくる、という様々な症状に見舞われますが、その後の予後はみんな一緒。また他の素敵な女性に微笑まれると、「おっ!」と思ってしまう。これじゃあダメだ!男の勘違いは絶対に治らない!

でも、本当にカッコいい奴って時々いますよね。男から見ても、「こいつはモテるな」と思う奴。そう言う奴らは勘違いじゃないんですよね。そう言う奴らが、「あいつは俺に惚れている」と言ったらそれは客観的な事実ですもんね。そこに、「おっ!」という感じはない!むしろ「ああ、またか」という感じですね。一回体験してみたい、そんな世界!!

となると、ひとつの疑問が湧いてきます。果たしてイケメンのロックンロールというものはあり得るのか?単なるモテない奴のひがみですけど、「一応」素朴な疑問として受け止めて下さい。なんかイケメンの人たちが作る歌詞って深刻なものが多いけど、モテない男が作る歌詞って「被愛妄想&その後の落ち込み」系統のものが多いような気がする。それがロックンロールなのかなあ?妙に共感できるんですよね、この系統の歌詞って。

この前AC/DCのBon Scott時代のDVDを買いました。Bon Scottは意味不明のイケてない動きを無駄に多くするのですが、このライブでも2、3曲目でアンガスがソロを弾いている時にいきなり勢い良く「しゃがみ」ます。その瞬間Bon Scottの顔が硬直するのです!あのBon Scottの顔が硬直するんですよ!よっぽど凄い事が起きたんだろうな、と思っていたのですが、最後の曲「ロック魂」でその真相が明らかになります。Bon Scottを後ろから取った映像があるのですが、ジーンズのケツの部分がビリっと破けているのです!!!多分Bonの事だからパンツなんて履いていないでしょう。だから恐らくケツ丸出しなんでしょうね。多分Bonの事だから、2、3曲目辺りで勘違いがマックスに達し、突発的にわけの分からないアクションを起こしたのだと思います。その結末がケツ丸出し。これこそロックンロールなのです!

そうか!男の被愛妄想はロックンロールという形で消化していき続けないと、男は生きていけないのですね!ありがとう、ロックンロールの神様!!!

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。