Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Naughty Rock 'n' Roller

GNRの話題が続きますが、申し訳ないです。アクセルのライブパフォーマンスを見ると、かなりテンションが高いことに驚かされます。Angus Youngほどは暴れ回っていないにしろ、そうとうテンション高いです。しかも、無茶なジャンプなどを連発しており、一歩間違えれば大けがするんじゃないか、とヒヤヒヤします。

Axl Roseといいますと、その気難しさばかりがフィーチャーされます。うろ覚えですが、Axlがライブを途中で辞めちゃったとか、キャンセルしたとかばかりが話題になります。しかし、(あのテンションの高さを見ると)どうやらそれは彼が、心から何かとつながっている時にしかライブをやりたくない、という美意識があり、だからこそライブに対して選択的になるんだな、と思いました。ロックンローラーとしてその辺りを貫きたいんだな、と思いました。

さらにAxlはプライベートでの破天荒さもやたら話題になります。しかし、彼のインタビューとかを見ていると、非常に落ち着いている。自身の哲学なども理路整然と語り、その説得力には驚かされます。一方、Marilyn Mansonも奇行ばかりが取りざたされますが、彼のインタビューも本当に論理的でビックリします。更に更に、The Rolling StonesのKeith Richardsも「悪ガキ」の代名詞ですが、そのインタビューからは彼の自称「科学的思考」がはっきりと見えます。

うーん。こう考えてみると、いわゆるロックンローラーで、「悪さ」を演出する人はもしかして、もしかして、相当インテリ?と疑問を持ってしまいました。そうすると、彼らの「悪さ」ばかりを真似するのは問題なのでは?いや、でもインテリな彼らのことだから、それも想定内で、すでに計算されたビッグスケールの「ロックンロール大作戦」なのか?謎は深まるばかり。俺の頭じゃ分かりません!!!
スポンサーサイト

メガ・スライム

いきなりわけの分からないタイトルですが、Guns 'n Roses のリードギター、Slashについて書こうと思いました。久しぶりにGunsの映像を見たのですが、Slashのギターって(やっぱり)「スライム」みたいな音がする。なんかネバネバしてて、ヌルヌルしている。粘着性があるというか、気持ち悪くて、ツボをついてくる。でも本当に独特で、やっぱりかっこいいなあ、と改めて感動しました。SlashとZakk Wyldeは最後のギターヒーローだとか言われていますけど、やっぱりそうですよねえ。

それにしてもSlashのギターの音の存在感はすごい!あんな音出せないですよ。でもどこに細工がしてあるわけでもなく、アンプ直の音なんですよねえ。不思議だ。ベーシストのDuffによるとSlashはずっと1日8時間以上はギターを弾いているとか。だからギターが体の一部になっているんですね。

ところで、去年だったかな?「現在のGNR」のライブに行ってきました。Axlが3人も(!)リードギタリストを引き連れてステージに上がっていました。みんなバカテクで、すごいギタリストでしたが、音が飽和状態になってしまい、何がなんだか分かりませんでした。でも、驚いたのが、その3人のスーパーギタリストの存在を持ってしてもSlashのスライムギターには敵わなかったということです。どんだけ凄いんだSlash!しかも、Axlがそれだけのギタリストを引き連れてステージに上るということはそれだけでSlashの偉大さを逆に証明しちゃっていますよねえ。何人の凄腕ギタリストが集まっても敵わないSlashのギターはメガスライムだ!!!

Rock 'n' Roll Delusion

どうも!魂のセンチメンタルジャーニーから帰還したアチョーTでございます。

ロックンローラーの資質として大切なものがあると常日頃思っていたのですが、それは「勘違い」ではないかな、と思いました。ルックスも何もすべて「イケていない」ロックンローラーがどこでどう確信を持ったのか、何を基準に判断したのか、「自分は相当イケている」と妄想に近い勘違いをし、ライブなどでホットなおねーちゃんたちにウィンクなどをする姿を見ると僕は「カッコいいなあ」と惚れ惚れしてしまいます。これぞロックンロールではないでしょうか?もうここまで勘違いが進行すると誰も止められない!むしろどこまでも突っ走って欲しい!そして派手に度肝を抜くパフォーマンスをして欲しい!!!ホットな女性たちをこれで口説けるかどうかは分からないのですが、野郎どものハートはガッチリキャッチです!

そして、今日電車に乗りながら思いました。「日常の男のハートはロックンロールに満ちあふれている」。ちょっとカワイイ女の子と目が合うと、「こいつ俺に惚れているな」と思ってしまうのが男ではないでしょうか?そんな勘違いが雪だるま式で膨張して行き、告白した暁にふられてしまうのも、ロックンロールだと思います。その時の「あいつ俺に惚れていたんじゃなかったのかあ!」という魂の叫び!That's Rock!!!

男のこういうバカさって永遠に治らないんだろうな。だからロックンロールも永遠に無くならないんだろうなあ。

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。