Gut Busters

大腸に食い込む「音」を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルタブルーズについて

最近やっとマディー・ウォーターズが聴けるようになってきたけど、マディー・ウォーターズの「アイドル」・サンハウスはだいぶ前に「魂のギター職人Y氏」に紹介してもらった瞬間からすっぽりとハマることが出来た。全てが生々しくて最高なのである。

さて、サンハウスと言えば、ロバートジョンソンの師として有名である。そして、ロバートジョンソンは誰もが認める、ブルーズ、ロック、カントリー、ジャズなど現代の音楽のルーツである。しかし、彼の師がサンハウスならば、サンハウスこそが現代の音楽の大本ということになるのだ!サンハウス達が奏でる「あの辺の」音楽は、今じゃデルタブルーズとしてカテゴライズされているけど、このジャンルがすべての現代の大衆音楽を作ったとすれば、デルタブルーズは厳密には「古代ポップス」とでも呼んだ方が適切なのだろうか?

マディー・ウォーターズなど、あの辺りのブルーズはシカゴブルーズとして分類されている。デルタブルーズが素朴なブルーズとしたら、シカゴブルーズは何やら暗黒に蠢く人間の生々しい息づかいという感じで、僕のようなナイーブな人間はあの濃さを消化するまですごい時間がかかった。しかし、シカゴブルーズの良さが最近分かってきて、デルタブルーズの良さを何倍も感じることが出来るようになった。もっと多くの日本人が「古代ポップス」に触れれば、日本はもっと元気になるはずだ。

デルタブルーズを聴きこんで改めて思ったことを羅列してみたい。

(1)リズムの丈があってない

1,2,3,4,1,2,3,4 という規則的なリズムに慣れきっている我々からすると、デルタブルーズは奇妙に聞こえる。一つの小節が終わったと思っても、まだフレーズが続いているということが非常に多い(気のせい?)。それもプログレみたいに変拍子なのではなくて、「ちょっと間違えちゃったから、もう一回弾いとこう」みたいなニュアンスなのだ。今のレコーディングだったら間違いなくNGになってそうだけど、それが「伝説」の音源として残っちゃっているところがすごい!

(2)レコーディング中のハプニングがそのまま収められている

初期のロックンロールとかのレコーディングとかにもあるけど、このころのレコーディングは文字通り一発録りなので、途中のハプニングも聴ける。自分が一番度肝を抜かれたのは、サンハウスが歌の途中痰が絡まって咳こんじゃうところ。同じようなフレーズが続く歌だから、本人もきつくなったのか?そして、咳き込んでしまったあと、歌が終わる。これは最初から終わる予定だったのか?それとももうきついから途中で切り上げたのか?分からない。

(3)自分の曲のパクり方がすごい

AC/DCは同じような曲ばかりやっている!ってみんな非難するけど、デルタブルーズはAC/DCの比じゃない。同じフレーズでメロディーも同じだけど、タイトルが違う、という曲がある。しかも、驚きなのは、ところどころ歌詞まで他の歌から拝借しているというところ。さすがデルタブルーズ。スケールが違う。こんなことも全然気にせず、堂々と歌っているところは圧巻だ!

AC/DCのアンガスヤングが、あの辺りのブルーズマンは本当に個性的で、度肝を抜くアイデアの宝庫だ!って言ってたけど、本当にそうなんだ、と痛感する毎日です。
スポンサーサイト

為替ブルーズ

今は前代未聞の円高で、泣きそうです。現地の通貨で給料をもらっている自分にとって、日本の敷居がどんどん高くなって行ってます・・・。円に換算すると現地のものが安く感じます。でも安く感じるだけで、給料は変わらないので、実際の状況は何も変わりません・・・。でも、日本に帰ったときは本当にきついです。日本円に換算したら最低賃金下回ってないのか心配です。

ものすごい災害に見舞われ、これまでにない危機に直面している日本ですが、それでも円がどんどん高くなっていく、というのは、どんな現象なのでしょうか!?

日本円で給料をもらっている皆さんは、今こそ旅行したり、海外からモノを仕入れたりする大きなチャンスですよね。う~ん。しばらく様子見だなあ。また帰国したとき、さらに円高が進んでいたらやばいなあ、マジ。

アジア・ブルーズ

昔の人は「安息日」ってものを作ったらしいけど、それは理にかなっているのかもしれない。自分は怠け者なので、何をやるのも遅いし、サボるの大好き。でも最近はマジついていけなくて、一週間7日間、職場にこもって色々やってます。でもやっぱり休まないと効率が恐ろしいほど落ちていく。ただでさえ要領が極端に悪いのに、なんか自分を追い込むことで悪循環に陥ってました。

それを見かねた同僚が、僕を地元のライブハウスに連れてってくれました。どうしようかな?と思ったけど、行ってみました。そうしたらなんかかなり濃い~いメンツのバンドがアルバートキングやら、オーティスレディングやら演奏し始めました。超オールディーズ(笑)。微妙にテンションが低いんだか高いんだかよく分からないところもカルチャーショック!そしたら、「今日はジャムナイトなんで、飛び入り参加じゃんじゃんしてね~」みたいなこと言い始めて、なんかかなり年配のおっさんたちが次から次へとステージに乱入。その親父たちが結構うまくてびっくり!いきなりステージの前に来てノリノリで怪しい踊りを踊りだす国籍不明の人々もいてさらにびっくり。シャイな日本人(俺)からすると、ああいう風にいきなり踊りだす神経がよく分からないけど、ちょっとうらやましい(笑)。

「これはやっとかなきゃいけないんじゃないか?」と思い、自分も入れてもらいました。ブルーズを2曲一緒に演奏させてもらいました。うーん。楽しかった。異国での演奏で、胃が痛くなったけど(笑)。また行こう。3コードは世界共通言語だ!ということを改めて認識しました。

Rocky

またまた更新が滞ってしまった。カビの生えている部屋に居たくなくて、外ばかり出てたから、PCに向かう時間も少ないんだよなあ・・・。

多くの男子がそうだと思うけど、気合いを入れたい時ってRocky観るよね?(笑) この前も久しぶりにRockyを観た。いやあ・・・。いいね。泣きそうになった。でも俺も年を取って、昔とは違う事を感じている事に気付いた。まずは、70年代の映画ともなると、今の映画に比べて進行のスピードがゆっくり。なんか何も起こらないシーンが多いというか(笑)。ゆとりがあるね。

それで、こっちがメインなんだけど、ポーリーの存在がやたらと気になる!!!前はバックグラウンドにいた酔っぱらいのおっちゃんだったけど、なんか今はやたらに彼に共感してしまう。いやあ、いいキャラだよねポーリー。寅さんで言うゲンちゃんだよね。超ブルーズ。物語には何の貢献もしないんだけど、全話に出てくるもんねポーリー。Rockyもカッコいいけど、この年になるとポーリーも捨て難いなあ。

ビルマの竪琴

突然ですが、僕のルームメイトはビルマ人です。ビルマ人と接するのは初めてで、どんなものかな?と思いましたが、最高のルームメイトです。なんというか、本当に一緒に暮らしやすいというか、楽です。

僕は温室育ちでデリケートなので、他人と一緒に生活するなんて、恐ろしくて想像つきませんでしたが、慣れると共同生活のメリットというものをすごい痛感しますね。まずは、生活の知恵が広がる。「ああ、こんな風にすればこんな便利なことがあるのか!?」という発見の毎日です。ここは場末の国営アパートなんで、みんなラフなんですよね。周りの迷惑、とかそういうコンセプトすらさえない。だから毎晩パーティーオールナイト!神経が過敏な僕は夜眠れないんですよ、騒音がひどくて。でもルームメイトはいつもぐっすり。よく見ると耳栓をして寝ている。耳栓して寝たら耳によくないんじゃないか、と思ったけど、やってみると僕もぐっすり。うーん、エクセレント。そのほかにも毎日新たなる発見が。

ところで、彼がアコギを持ってきたんだけど、それで毎日ブルーズを弾いてます。弦が切れたんで買ってきたら、「余っているからこれ使いなよ」と。なんとビルマ製の弦!!!ほにゃらか文字がたくさん書いてあって、なんか気のせいか山とか牛の絵まで描いてあったような(偽記憶かな?)。

ビルマの竪琴を使って東南アジアの場末のアパートでクラプトンのロンリーストレンジャーを弾いて歌っている毎日です!!!

 | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

アチョーT

Author:アチョーT
大腸に食い込むクオーターチョーキングを探求するギタリストです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ゴムボール数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。